ニキビとホルモンの関係

 

ニキビとホルモンバランスはすごく密接な関係があります。
テストステロン、副腎アンドロゲンというホルモンのことで、このホルモンは皮脂の分泌量を増やす作用があり、
思春期の代謝が活発なときには特に多く皮脂を分泌させます。
代謝が活発な年齢期(成長期)には肌の代謝も活発になっていますから皮脂がたくさん分泌されて
できやすい環境になるということです。

 

ニキビができるとクリニックをする受診する人もいますが、ほとんどの場合は市販のクリームを塗る程度の
治療で済ませている方がほとんどのようです。
自分で潰してしまうという酷いケースもあります。

 

ニキビは潰したらいけないというのはわかっていながら、痒みや痛みに耐えられずにその場しのぎで
潰してしまうわけです。
当然みなさんわかっていることと思いますが、潰すと炎症を起こしてなおさら皮脂の分泌が増えるのでさらに悪化してしまいます。

 

潰し続けてクレーター肌になってしまっては手遅れです!
直接効果のあるケア方法をしましょう。

 

専用のケア用品はさまざまなものが開発・販売されていますし
クリニックではニキビのレーザー治療・ピーリングがあります。

 

慢性的な場合はクリニックでの治療をおすすめしますが、
思春期や女性の生理前後の肌にはニキビの原因であるアクネ桿菌の増殖や
毛穴の乾燥から肌を守るクリームをおすすめします。

 

毛穴の皮脂除去とアクネ桿菌の増殖防止、そして毛穴の乾燥を防ぐ。
この3つを同時に行うことでニキビを根本的に治療することができます。