ニキビは潰すと治ると思っていませんか?

ニキビを潰さないように意識していても、寝てるあいだに無意識にボリボリ掻いてしまうというケースがあります。
朝起きて膿や血が出ているのに気づいたことはありませんか?
もし潰れてしまった場合は、すぐに膿を出しきって消毒しましょう。
消毒したらカットバンやガーゼで覆って菌が入らないように注意してください。

 

顔のニキビの場合はカットバンやガーゼを貼るのは恥ずかしいかもしれませんが、
雑菌が入ってしまうとニキビが悪化してしまったりニキビ跡が残る原因になってしまいます。

 

痒みや痛みに耐えられずにニキビを指先でいじったり触ってしまいがちですが、
手は様々な細菌の住処です。
「わたしは手をしっかり消毒してからさわっているから大丈夫」という方もおられるかもしれませんが、
消毒や手洗いををしたところで、市販されている消毒液では細菌は落としきれませんので
いくら消毒しても細菌は付着してしまいます。
消毒のし過ぎで手が荒れてしまうリスクのほうが大きいでしょう。

 

できたてのニキビは潰したほうが早く治るという情報も出回っているようですが、
それは医師がニキビ治療で行う面皰圧出によるものであって、自分で潰して治るものではありません。

 

自分でニキビを潰してしまうと、なおさら炎症をおこしてボコボコのクレーター肌になる原因になります。
もしどうしても潰して治したいのであれば皮膚科に行って面皰圧出治療を受けましょう。

ニキビを潰していませんか?記事一覧

何をさておいてもニキビを潰してしまうことはNGなのですが、代謝の落ちている大人は特にNGです。代謝の良い10代であれば肌の再生サイクルが早いので治りが早いのですが、代謝が遅い大人の場合は一度ニキビができてしまうとなかなか治りません。心当たりがある方も多いと思いますが、治りが遅い大人ニキビは潰してしまうとどんどん悪化するだけです。また、大人ニキビは同じ場所にできてしまうという特徴があります。それは、...

体の部位のなかでいちばんニキビができてほしくないのが顔だと思うのですが、いちばんニキビができやすいのは顔です。人目に晒されるますし、会話をするときに目を合わせて話すわけですが、相手の目線がニキビに行っているのではないかと疑心暗鬼になってしましますね。特に女性の場合は顔のニキビに対するコンプレックスが大きいでしょう。化粧でなんとか隠そうと一生懸命ニキビの部分にファンでを塗りまくって隠そうとしていると...